ぼくがアンモナイトだった頃

2003780

ぼくがアンモナイトだった頃

定価(税込)
¥600
販売価格(税込)
¥600
再ダウンロード可能日数14
公開日2013.01.01
作者青木ガリレオ&出泉アン
ファイル形式PDF

内容紹介

これぞ大人の童話!
「ぼくは水底に静かに存在するアンモナイトだった……」表題作の他、希望を売った罪で刑務所に入れられてしまう青年の物語「希望を買ってください」。奇抜な発想で理想と挫折を描く「△□○すみれ党の反乱」など、清冽な中に激しさを秘めた珠玉の7作品を収める。書籍版はamazon.co.jpで販売 こちら

 

著者について

1961年4月、北海道北見市生まれ。埼玉県在住。

サンプルを読む

サンプルを読む

関連商品