国産コンピュータの先駆けとなった電気式統計機の開発物語

denkishiki

国産コンピュータの先駆けとなった電気式統計機の開発物語

定価(税込)
¥600
販売価格(税込)
¥600
再ダウンロード可能日数14
公開日2017.1.23
作者中川 浩一
ファイル形式PDF

今から70数年前の終戦前後の日本が最も混乱し、海外との交流も断たれていた時、数理統計学者中川友長、数学者小野勝次そして、電気工学者山下英男と佐藤亮策の4人の研究者の協力で初の電気式統計機の開発という偉業は成し遂げられた。
この本では電気式統計機の発案者である中川を中心に記述したが、それぞれ研究者が持っていた専門知識は、電気式統計機の開発には不可欠のものであった。
当時、非常に非効率であった従来の機械式統計機の改善を国の統計業務に携わっていた中川が発案し、それを実現するための数学による解を小野が堤案し、これらの案を山下と助手の佐藤が装置として実現した。当時の統計機は統計データの分類集計機能だけであったが、山下等はこれに加減算機能も加えた画線式分類加算機とし、これが我国のコンピュータへと発展した。この電気式統計機は2進法による回路構成で実現できたが、この方法は、以後の国産コンピュータにも応用され、国産電子計算機開発の先駆けとなった。この本では人工知能についても概観した。
中川は亡くなる前の十数年を意識や自我といった人の心の研究をライフワークとし、一つの結論を得ていたので、最後にこれも紹介している。

 

【著者紹介】
東京都在住。雑誌スタッフライター。

 

サンプルを読む

関連商品

  • kesyohinsan

    化粧品の参考書 有機概念図による検討

    【内容紹介】 近年天然由来化粧品が良いと市場では言われていますが、その考えも見直 [...]

    ¥5,000
  • byoumei

    病名とその症状

    家庭医学百科、暮しの医学大事典、日常医療辞典などなど、病名や病気に関しては、色々 [...]

    ¥500
  • biyoushi001

    美容師のお仕事

    美容師の著者が、頭髪や頭皮の健康、白髪や薄毛になる理由とその対処法などを、わかり [...]

    ¥500