秘教治療 我が師との思い出 -世にもまれなブログより

hikyochiryo

秘教治療 我が師との思い出 -世にもまれなブログより

定価(税込)
¥500
販売価格(税込)
¥500
再ダウンロード可能日数14
公開日2013.02.18
作者御水 杜石
ファイル形式epub

内容紹介

今からおよそ40年まえ、筆者は一人のヨガの教師と出会う。そのヨガの教師は、遠隔治療という霊治療の方法を身につけて、日ごろからそれを実践していた。筆者は一ヶ月に一度、その教師宅を訪れてヨガを学ぶうちに、遠隔治療法を自分も身につけることができるのではないかと思うようになった。後日、遠隔治療法とは、チベット奥地に住むチベット人と呼ばれる霊ハイラーキーのメンバーのお一人であるジュアル・クール覚者が、1930年代にメンタルテレパシーでアメリカ在住のアリス・ベイリーを通して世に伝えた秘教の教えに含まれるものであることを知った。それは2000年前にイエスが人々に施した治療法と同じ方法で、イエスが伝えようとした愛の一つの様相であることもわかった。アリス・ベイリー著「秘教治療」は、2012年にA.A.B.ライブラリーという出版社から完全版の翻訳がだされた。以前には竜王文庫から「輝く神智」という題名で、その抄訳が紹介されていた。

この本は、その「秘教治療」を世に紹介し、その中でたびたび使われているエーテルという言葉の意義と、その概念を巡る難解で抽象的な新しい教えの導入になればと、期待してインターネット上に公開されている、mimizutoisiというハンドルネームで書かれている「 秘教治療」というブログの記事の中から、ヨガの教師とその教え、そして死のテーマに関するものを選んでまとめたものである。

 

著者について

御水杜石(みみずといし)

愛知県日進市在住。名古屋大学大学院文学研究科修士課程終了。20代後半からヨガの先生の下で、秘教治療の勉強を始め、ほぼ同時にアメリカ、ニューヨークにあるアリス・ベイリーが創設したアーケン・スクールの生徒となる。1984年に、イギリスから初めて来日されたベンジャミン・クレーム氏を、ヨガの先生とともに東京に訪ねて氏にお会いして以来、主の降臨の事実を伝えることと、伝導瞑想の実践とその普及に携わる。大学のフランス語の教師をしていたが、その職を失って以後、様々な職業を体験し、現在は無職。63歳。

 

サンプルを読む

関連商品