父の本懐2006

165

父の本懐2006

定価(税込)
¥300
販売価格(税込)
¥300
再ダウンロード可能日数14
公開日2006.06.21
作者八雲大介
ファイル形式pdf

内容紹介

日中友好条約が締結してから、十年過ぎたころのこと。父は中国の残留孤児の従姉妹の2家族を呼び寄せる。ところが、その家族が本物ではなかったことに父と祖母は気づいていた。私が知ったのはかなり後のことである。写真週刊誌のスクープにもなりかけていた。何事もなかったかのように、父は祖母とともにその真実を闇に送り込もうとしていた。だが、同時期に本物の姉妹が来日していたこと事が判明。偽物の姉妹と本物の姉妹は両方とも生きている。中国の大地でお互いに平和への思いを馳せながら・・・。

 

著者について

新潟県出身。年齢不詳。身長173センチ。B105W80H85。中肉中背(最近はウエイトの調整で四苦八苦。)美術大学で油彩を学びました。宣伝会議コピーライター養成講座基本コース修了。小説も創作中。これまで7作執筆。エンターテイメント系。創作予定は10作。予定タイトルは100本。ブログでは主に短編小説。エッセー、コラム、時評。●三十歳を記念に銀座4丁目玉屋画廊で個展開催(幻想絵画)。他グループ展。●広告代理店で制作・プロモーション・営業を経験しました。現在某人材コンサルタント会社・Web戦略部クリエイティブディレクター兼キャリアコンサルタント。

 

サンプルを読む

関連商品

  • 166

    光の追憶 夏子の未来

    内容紹介 私の妻佐和子は以前、兄の妻であった。兄と夏子との間には誰にも分からない [...]

    ¥100
  • 167

    乙女との慕情

    内容紹介 友人の娘への慕情。自分の娘と同い年の少女に惹かれてしまった中年の淡い恋 [...]

    ¥100
  • 170

    虹の誘惑

    内容紹介 妻はとうに五十になるが、血気盛ん。早く治そうと、焦る私の奮戦記。 &n [...]

    ¥100